人材紹介業者必見!求職者の集まる6つの集客手法とは

 2021.06.08  株式会社ローカルフォリオ

年功序列や終身雇用が当たり前だった一昔前よりも転職が身近になり、人材紹介業者としてチャンスが増えています。一方、人口減少や競争の激化など、必ずしもポジティブなことばかりではありません。他社との差別化や効果的な集客方法に頭を悩ませている方も多いでしょう。本記事では、人材紹介業者必見の集客手法を6つ紹介します。

人材紹介業者必見!求職者の集まる6つの集客手法とは

人材紹介業者が実践したい6つの集客方法

より多くの集客に向けて、人材紹介業者が取り組みたい6つの方法について解説します。手法によって課金形態やかかる費用の目安、成果が出るまでのタイムラグなどが異なります。

スカウトメール

まずは、「スカウトメール」の活用です。スカウトメールは人材紹介会社の集客手法としてもっとも多く行われています。業界の基本ともいえます。スカウトの文章を作成し、送信リストさえあればほとんどコストをかけずに多くの求職者にアプローチできます。

スカウトメールには、大きく分けて転職サイトに登録した会員向けのものと、エージェントを探している登録者向けの2パターンがあります。転職サイト会員向けのスカウトメールでは、転職サイトの豊富なデータベースを活用でき、多くの求職者にアプローチできるのが利点です。一方、エージェントに相談したい求職者と比較すると転職意欲がまだ低く、返信率が下がります。

エージェントを探している登録者向けのスカウトメールは高い返信率が期待できます。しかし、転職サイトの会員と比較してボリュームが少ないです。いずれにせよ、簡単に量をこなせるスカウトメールでは、他社との差別化が難しく、文章の内容や興味を引くタイトルなど、質も重要になります。一斉に多くのユーザーにアプローチできるのが大きなメリットではありますが、明らかな定型文では反応も薄くなるでしょう。

求人広告に掲載

求人広告の掲載も人材紹介業者として基本となる集客方法です。効果的な方法ですが、応募の数や質にかかわらず、掲載で料金がかかるサービスが多いため、費用に余裕がある場合におすすめです。

転職サイトなどのサービスのユーザーは、複数のサイトに登録する傾向があります。同じ企業の求人に対しても、異なるサイトでどのように掲載されているかをチェックしていることもあります。転職を真剣に検討しているユーザーであればあるほど、各サイトの情報を細かく確認しているのです。コストがかかりますが、このようなユーザーの傾向に応じた求人広告の掲載も効果的でしょう。

コンテンツマーケティング

「コンテンツマーケティング」は、自社のサイト内でSEO対策を施した記事や役立つ情報をコンテンツ化することにより、検索エンジンからの流入を増やす集客方法です。検索エンジンに評価される記事を作成する必要があるため、手間がかかります。また、記事作成を外注する場合はその費用もかかりますが、検索エンジン経由での流入が安定的に発生するようになれば、継続的な集客が見込めます。

リスティング広告や求人サイトへの掲載のように、都度費用が発生するわけではないため、コンテンツマーケティングは有効に活用できれば求職者を集客する最良の手段になりえます。デジタル活用の特徴のひとつが、サーバーなど最低限のコストを支払えば、インターネットを通じて無限にコンテンツを掲載できることです。ニーズが細分化・多様化している現代において、手間をかけてもそれぞれのニーズに対応したコンテンツを制作し、各コンテンツから集客を積み重ねるのは効果的といえるでしょう。

検索流入のユーザーはニーズも顕在化しており、質も高いのが特徴です。そのようなユーザーを継続的に集客できる施策なので、大手などの競合も注力している方法のひとつです。

リスティング広告

直前にご紹介した「コンテンツマーケティング」は、いくら費用をかけても検索エンジンで上位表示ができるとは限りません。また、キーワードによっては大手が有利になるなど、そもそも上位表示が難しいケースもあります。

そこでおすすめなのが「リスティング広告」です。リスティング広告は、運用型のWeb広告でもっとも主流で効果的な手段とされています。狙うキーワードを選定し、ユーザーによる1クリックあたりの課金となるため、予算を効果的に活用できるのが特徴です。検索という行為に到達している時点で、ある程度求人情報への関心や動機が高いと想定でき、アプローチ可能なユーザーの質が高まります。

ある程度予算をかければターゲットとするキーワードに対して上位表示させることも可能ですが、入札制のため、PDCAを回しながら費用の管理を都度行う必要があります。入札金額も表示の順番に影響しますが、それ以外にも広告の品質やランディングページの品質も関係します。そのキーワードで検索するユーザーのニーズと広告テキスト、遷移先のランディングページがしっかりと連動するようにすることが重要です。

求人検索エンジン

求人検索エンジンの活用も効果的な集客方法です。人材紹介会社として知っておくべき手法でしょう。求人検索エンジンとは、インターネット上にある求人情報を集約して1つのサイトにまとめたものです。

Indeedの登場で一気に注目を集めた集客方法で、同種の検索エンジンのなかではIndeedが圧倒的なユーザー数を誇ります。1つの媒体だけではアプローチできないボリュームのユーザーに対してセグメントを行い、情報を配信できるのが魅力です。人材紹介会社として利用する場合は求人広告に対するクリック課金とされていますが、求人票や地域ごとに適切なクリック単価を設定するなどの工夫により、低コストで有効な応募を集められます。リスティング広告と同様、綿密なターゲット設定や予算設定がポイントです。

SNS

特に近年活用が広がっているのがSNSを利用した集客です。SNSを活用した求人や採用活動は「ソーシャルリクルーティング」と呼ばれています。

基本的には、SNSでは定期的に一貫した情報発信を行うこと、ユーザーに有益な情報の提供を行うことでユーザーからのフォローや認知を増やし、集客につなげます。そのなかでも、SNSの媒体によって特徴が異なるため、うまく使い分ける必要があります。たとえば、TwitterやInstagramは10代から20代のユーザーが多く、Facebookは30代から50代のユーザーが多いといった特徴があります。ターゲットの年代に合わせたSNSでのアプローチが効果的な集客のポイントです。

SNSでいわゆる「バズ」を起こして一気に認知の獲得を狙う活用方法もありますが、再現性がないこと、バズを起こすことに成功しても一過性で終わってしまうことなどから、何らかの関心を寄せてくれているユーザーに対して地道に有益な情報を発信していくことが近道といえます。

求職者の集客を行う際のポイント

ここまで解説してきた集客手法は、ただ実行すれば成果につながるわけではありません。集客を行う際のポイントを解説します。

スマホを意識したコンテンツ作り

集客を考える際、ターゲットとするユーザーに視点を移す必要があります。Webを閲覧する方法としてはPCやスマートフォン、タブレット端末などの種類がありますが、多くのユーザーがスマートフォンから検索したり、求人サイトにアクセスしたりしています。Googleの検索エンジンも、スマートフォンでの閲覧や利用に最適化されたサイトを評価するとしています。

よって、Web媒体での集客にはスマホからのアクセスを意識したコンテンツ作りが重要です。従来のようなPCをベースとしたサイトの作りだと、画像や文字が小さく見えるなど、スマホでの閲覧に支障をきたします。現在の自社サイトがスマホに最適化されていない場合には、ページを作り直すなどの対応が必要です。

プラスアルファのサービス体制

人材紹介業界は競争も激しく、単なる人材の紹介だけでは差別化が難しくなっています。広告などで予算をかけて新規の求職者を集客し続けるのも、資金力や体力がないと難しいでしょう。プラスアルファのサービスを提供できる体制を整えることがポイントです。

たとえば、求職者への情報提供だけでなく、キャリアアドバイスや面接対策といった付加価値をつけたサービス提供が考えられます。求職者が必要としていること、かつ競合ではなく自社だからこそ提供できる価値「バリュープロポジション」を見出し、サービスに落とし込むことが必要です。

このような付加価値をつけ、丁寧かつ継続的なフォローを行うことにより、その求職者が友人や知人に紹介してくれることもあります。このサイクルを構築できれば、広告費などのコストを抑えながら継続的な集客を行えます。

まとめ

人材紹介会社が実践すべき6つの集客方法を紹介しました。それぞれ、費用のかかる形態や大小、効果の出るタイミングが異なります。自社の状況やターゲットに応じて使い分けましょう。広告運用に不安がある場合は、代理店への依頼もおすすめです。「LocalFolio」では予算や問題点にあわせた広告運用サービスを提供しています。

株式会社ローカルフォリオ

株式会社ローカルフォリオ

地域に根差している企業の皆様から当社に寄せられる質問・相談や、インターネット広告の成果改善に関わる、さまざまな運用ノウハウを中心に、企業の成長に役立つ情報を発信中。


RECENT POST「Web集客のヒント」の最新記事


人材紹介業者必見!求職者の集まる6つの集客手法とは

地域に根差している企業だからこそのインターネットマーケティングを
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

インターネット広告ご相談専用ダイヤル

電話受付時間 10:00 ~ 18:00

急ぎ、TV会議・訪問商談を希望の方は
コチラから日程調整をご相談下さい

無料集客相談
・施策提案希望

既に広告予算や施策が決まっていて、
より具体的な相談の方はコチラ

指定予算における
シミュレーション希望

事例ページに記載のない導入事例など
他の事例を確認されたい方はコチラ

導入事例の
詳細説明希望

※同業他社の方の事例請求はお断り致します。予め、ご了承ください。