年商1億の歯科医院は必ずやっている、今すぐ実践すべき5つの集客手法

 2021.05.18  株式会社ローカルフォリオ

歯科医院の集客では、MEOや専門ポータルサイトを活用した集客など通常企業と異なった集客アプローチが必要になります。しかし多くの歯科医院では、これらの集客が適切に行われていないため、徹底した集客対策が求められるでしょう。そこで本記事では、今すぐ実践すべき歯科医院の集客手法やポイントについて詳しく解説していきます。

年商1億の歯科医院は必ずやっている、今すぐ実践すべき5つの集客手法

歯医者の集客方法

全国的に見れば歯科医院は、コンビニよりも多いとされています。その中で選ばれる歯医者となるには、効果的なWeb集客対策とWeb広告の活用、普段から目につく看板や街頭広告を行うことが必要です。それぞれ項目ごとに解説します。

医院公式サイトのSEO対策

SEO対策はどんな業界・業種のWebサイトでも検討するべきテーマです。現在、情報検索はスマートフォンで手軽にできます。買い物に出かけて近くでランチをしたいと思ったら、スマートフォンで「ランチ+地域名」と検索し、上位にある複数の店舗から探していくことになるでしょう。歯医者の場合は「歯科医院または病名+地域またはエリアの呼称」をキーワードにすると、情報検索で優位になります。例えば「歯医者+駅名」「インプラント+地域名」「歯周病+地域名」といった具合です。

前述したように歯医者の数が多くても、人口が多い大都市圏やターミナル駅周辺ではなく、地方都市や小都市であれば、検索上位にランクインすることは難しくありません。大事なことは担当するエリアで検索トップを目指すことです。

一方で医療系のサイトコンテンツは昨今、Googleアルゴリズムで厳しい評価を受けるようになっています。そのため必要に応じた対策が必要です。数年前にある医療情報サイトで、不確かな情報や著作権を侵害する内容が扱われ、社会問題化しました。このことが転じてかその後Googleは、医療や健康など命に関わるサイトコンテンツの上位表示には、厳しい基準を設定しています。具体的には医師や医療機関の監修など、信頼性の高い情報の優先度が高いです。

医療系のサイトコンテンツで重要なワードとして2つ挙げられます。1つめは、お金や生活に関わるキーワードの「YMYL(Your Money or Your Life)」です。医療系のサイトコンテンツは「Life(生命)」に関わるキーワードとして認識されます。アルゴリズムの修正は不定期に行われるので、日頃から対策が必要といえるでしょう。2つめは「E-A-T」です。E(Expertise:専門性)、A(Authoritativeness:権威性)、T(Trustworthiness:信頼性)の頭文字からなるE-A-Tはサイト評価の基準になります。そのためこれらを意識し、適切なコンテンツを作成しなければなりません。

MEOによるエリアキーワード集客

MEOとはMap Engine Optimizationの略語で、MEO対策はGoogle Mapで検索上位に入るための対策を指します。実際に歯科医院に来院してもらうには、SEOと同じエリアキーワードで検索した際に、Googleの地図検索でも上位にランクすることが重要といえるでしょう。歯科クリニックを地域で検索する方は、何かしら治療を必要としている顕在層のため、Google Mapで上位に表示されれば、来院につながる可能性が高いです。

突然歯が痛くなった患者さんが、急いで近くの歯科クリニックを探す際は真っ先に目に留まります。以前治療を受けた歯科医院に不満があり、新しいクリニックを探す際も、上位の歯科医院であれば、安心して来院してもらえるでしょう。

Google Mapで現地までの案内が表示される他、電話番号や治療内容などが掲載されている歯科医院のホームページに誘導し、そのまま電話やオンラインの予約につなげることも可能です。基本的にGoogle検索で表示される順は、リスティング広告、Google Map検索結果、Web記事となるため、適切なMEO対策を行えば、来院数や問い合わせの件数を増やすことにつながります。現状ではまだ、MEO対策に取り組んでいる歯科医院は多くないため、MEO対策で地域の他院と差をつけることが可能です。

ポータルサイトへの掲載

歯科医院の集客に役立つのが歯科医検索専門サイトへの掲載です。代表的なポータルサイトは「歯科タウン」「EPARK 歯科」になります。全国の歯科医院がエリアや予約空き状況、診療日、診療時間、診療内容などで手軽に検索できるので、歯科医院の治療を必要としている多くの顕在層ユーザーにアプローチすることが可能です。

またこういったサイトに掲載するメリットは、これだけに止まりません。サイト経由で予約をされた患者のデータを基に、どういった患者が来院しているのかを視覚的に確認できます。これにより新規患者としては、より自分に近い患者層が通院している病院を選ぶことができ、安心できるでしょう。また、昨今増加傾向の外国人患者への対応もスムーズです。英語対応可能の医院であれば、掲載ページを英語に翻訳してくれるサービスがあるので、積極的に活用しましょう。そうすることで、慣れない日本語に困っている外国人患者に効果的にアプローチができます。

「歯科タウン」は掲載歯科件数が約68,000件あります。(参照元:https://www.shika-town.com)都道府県や路線エリア、駅名から絞り込み、詳細な条件で選択でき、24時間受付のWeb診療予約や、そのまま電話予約することも可能です。「EPARK 歯科」は予約の空き状況がわかり、EPARK会員の口コミ情報を参考に24時間のネット予約申し込みができます。各ポータルサトで掲載条件や稼働するまでに日数、費用が異なるため、利用前に費用や患者さんの集客効果をよく検討し、歯科医院のリスティング掲載を行うようにしましょう。

Web広告の活用

Web広告はWebサイトやメール、アプリなどに表示される広告です。代表的なWeb広告にはリスティング広告、ディスプレイ広告SNS広告があります。もっとも多く利用されるのがリスティング広告で、検索したキーワードに関連した広告を表示できる検索連動型のため、歯科医院の治療が必要な顕在層に効率よくアプローチすることが可能です。即効性がある一方、検索キーワードの母数が減少すると、表示回数も減ってしまうため、アプローチできるユーザー数は限られます。

ディスプレイ広告はWebサイトの広告枠に表示される動画や画像のバナー広告、テキスト広告です。露出効果が高いため、今は歯科医院の治療が必要ではない潜在層にサービスを認知してもらえます。一方で費用対効果が悪く、CVRが下がる可能性も否めません。SNS広告はFacebookやLINE、Twitterなどのソーシャルメディアで情報を広められ、ユーザー同士の拡散も可能です。そのためには最適なSNSを選び、拡散されやすいクリエイティビティを備えた広告であることが必要でしょう。

看板や街頭広告

駅構内のポスターやホームの看板、電車の窓から見えるビルなどに街頭広告として歯科医院を知ってもらう集客方法もあります。実際、看板広告を出している歯科医院では、看板を見たことをきっかけに来院される患者さんが少なくないようです。立地のよい場所を選べば認知度を高め、足を運んでもらえる効果が望めます。駅構内のポスターは掲載期間が決まっているため、開業時の臨時広告に最適です。ホームの看板は乗降客の目に留まりやすいですが、広告料は高いことに注意してください。

歯医者の集客のポイント

歯医者に適した集客方法を導入しても、集客のポイントを理解していなければ、安定した来院数に結びつきません。地域で来院数の多い歯科医院となるために、集客のポイントについて解説します。

競合の歯科クリニックとの差別化

同じ地域で開業している歯科クリニックは少なくないため、いつの間にか近くの他院に患者が奪われていた、という現象も起きています。他院に患者が流れないようにするには、競合歯科クリニックと差別化しなければなりません。そのためには自院だけの価値を打ち出し、競合する歯科クリニックよりも優れているポイントをアピールしましょう。それにより多くの患者さんの関心を高め、来院につなげることができます。差別化するポイントは交通アクセスや利便性、医療機器、診療メニューの質や数の他、医院の雰囲気やコンセプト、診療方針なども重要です。

良質な口コミの獲得

歯科治療を受けたい見込み客が歯医者を選択する場合、アクセスや歯科メニュー、診療時間の他、クリニックの口コミやレビューを重視します。治療は丁寧か、待ち時間はどのくらいか、歯科医師はわかりやすく説明してくれるか、スタッフの対応などは気になるところです。これらの項目で歯科医院の患者から良質な口コミを獲得するように目指しましょう。MEO対策と同時に行えるGoogleマイビジネスに反映され、Google Mapで上位表示が狙えるので、ダイレクトな集客につながります。

リピート率の向上

歯科医院経営の視点で見ると、新規客を獲得するには既存客の5倍コストがかかるとされています。また既存客離れを5%改善すると、利益率は25%改善されるという法則もあるのです。

(参照元:https://www.3bees.com/blog/リピート患者を増やすことがクリニック経営に与/?p=1476

つまり、歯科医院経営から集客を考えると、新規客を獲得するだけでなく、リピート率を向上させることが重要といえるでしょう。リピート率につながる再来院を増やすためには、クリニックの医療サービスや患者さんの治療体験の質を向上させる必要があります。具体的には、清潔感があり安心できる院内環境、受付スタッフの対応や身だしなみ、患者さんの立場に立った親身なコミュニケーションなどを心がけることです。また、再受診日を診察券などに書いてしっかり伝えることで、適切な再来院を促せます。

まとめ

歯医者の集客を効果的に行うには、検索エンジン対策や専門サイトなどを活用することが重要です。「ローカルフォリオ」は集客への取り組みを総合的にサポートする、インターネット広告コンサルティング企業になります。ローカルマーケティングに強く、地域に根差す企業での実績が多いため、歯科医院の集客を向上させたい方は、サービスの導入を検討してみてください。

株式会社ローカルフォリオ

株式会社ローカルフォリオ

地域に根差している企業の皆様から当社に寄せられる質問・相談や、インターネット広告の成果改善に関わる、さまざまな運用ノウハウを中心に、企業の成長に役立つ情報を発信中。


RECENT POST「Web集客のヒント」の最新記事


年商1億の歯科医院は必ずやっている、今すぐ実践すべき5つの集客手法

地域に根差している企業だからこそのインターネットマーケティングを
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

インターネット広告ご相談専用ダイヤル

電話受付時間 10:00 ~ 18:00

急ぎ、TV会議・訪問商談を希望の方は
コチラから日程調整をご相談下さい

無料集客相談
・施策提案希望

既に広告予算や施策が決まっていて、
より具体的な相談の方はコチラ

指定予算における
シミュレーション希望

事例ページに記載のない導入事例など
他の事例を確認されたい方はコチラ

導入事例の
詳細説明希望

※同業他社の方の事例請求はお断り致します。予め、ご了承ください。