家事代行サービスを成功に導く3つの集客法とは

 2021.03.31  株式会社ローカルフォリオ

年々需要が高まりつつある家事代行サービスですが、うまく集客できずに悩む経営者は少なくありません。需要の高まりに伴い、家事代行業者も増加しているため、ライバルに勝つにはポイントを押さえた集客が必要です。本記事では、家事代行サービスを成功に導く集客方法や、押さえておくべき大切なポイントを解説します。

家事代行サービスを成功に導く3つの集客法とは

拡大する家事代行サービス市場

株式会社矢野経済研究所が行った調査によると、家事代行サービスの市場は年々拡大の一途をたどっています。2013年には818億円の市場規模でしたが、翌年には820億円、2015年には853億円、2016年には879億円と伸び続け、2017年には906億円になると予想されていました。

https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1862

また、野村総合研究所が行った「家事支援サービス業の推計市場規模」では、2025年には最大8130億円規模の市場に拡大するという予測が記載されています。あくまで推計であり可能性に過ぎない話ではあるものの、今後ますます家事支援サービスの需要は高まると考えられるでしょう。

https://www.meti.go.jp/meti_lib/report/H29FY/000261.pdf

しかし、そもそもどうしてこれほど家事代行サービスの需要が高まっているのでしょうか。さまざまな理由が考えられますが、ひとつには女性の社会進出が挙げられます。社会で活躍する女性が増加したほか、夫婦共働きの家庭も増えました。フルタイムで働き、そのうえ家事もこなすのは大変であるため、家事代行サービスの需要が高まっているのです。

また、ネットやスマホの普及により、家事代行のようなサービスの情報を手軽に入手しやすくなったのもひとつの要因だと考えられます。これまで家事代行サービスを知らなかった方にも知られるようになり、利用する方が増加したと考えられるでしょう。

今後ますます市場規模は拡大すると考えられ、将来性も十分期待できる分野です。ただ、将来性があるからこそ業者も数多く参入するため、競争率の高い業界になることも予想されます。数多いライバルたちの中で勝つには、効果的な集客を行わなければならないのです。

家事代行サービス集客のための事前準備

新聞折り込み広告やポスティング、Web広告などさまざまな集客方法がありますが、行き当たりばったりにトライしても効果は見込めません。集客を成功させるためには、綿密な事前準備が必要です。詳しく見ていきましょう。

ターゲットの制定

家事を代行してもらいたいと考えている方がターゲットとなるサービスですが、これだけでは対象が広すぎて効果的な集客ができません。ターゲットをより細かく絞り込むことにより、効果的な集客が可能となるのです。

共働きの夫婦、独身男性、高齢者など、具体的なターゲットを想定することで効果的な集客方法を見いだせます。自社の強みや提供しているサービスから、ターゲットを明確に絞り込みましょう。

実際に家事代行を利用しているのは、30代男性や子育て世代の家族が多いといわれています。自社にマッチしたターゲットがなかなか明確にならないのなら、年齢で絞り込むのもひとつの手段です。

Facebook広告Instagram広告などのSNS広告なら、年齢や性別などの属性で絞り込み広告を表示させられます。ターゲティングのしやすさこそSNS広告の強みであるため、運用を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

自社の強みを明確にする

まずは自社にどのような強みがあるのかを明確にしましょう。強みを明確にできれば、他社との差別化を図れるため効果的な集客に直結します。自社のこだわりやゆずれないポイント、ここだけは他社に負けない、と自信をもてる部分をピックアップしてみましょう。

自社の強みが他社とかぶるケースも考えられます。このケースでは、強みを打ち出したとしても、大手や人気の業者に飲み込まれてしまうおそれがあります。その場合は差別化できるポイントを設定する必要があるため、事前に他社の強みをリサーチする必要性も生じます。

料理の上手なスタッフが多く在籍しているのなら、「飲食店並みの美味しい料理が自慢の料理代行サービス」とアピールすると高い集客効果が期待できそうです。強みや差別化できるポイントを導き出し、顧客の共感や興味をひけるプランに落としこみましょう。

家事代行サービスを成功に導く3つの集客方法

さまざまな集客方法がありますが、家事代行サービスで活用できるのは主に3つです。チラシ、Webサイト、Web広告の3つは、家事代行業を成功へ導くために必須の集客方法です。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

チラシ

従来からさまざまな業界で用いられてきた集客方法のひとつです。オフラインを代表する集客の手法でもあり、現在でも新聞折り込みやポスティングによりチラシを配布している企業は少なくありません。

地域に根差したサービスを打ち出すのなら、チラシ広告が有効です。限定されたエリアにピンポイントに配布できるため、サービスの利用を考えている層へ訴求しやすいのです。また、インターネットをあまり使わない高齢者をターゲットとする場合にも、チラシによるプロモーションが有効だと考えられます。

チラシは自社で作成できるのも魅力的なポイントです。印刷会社に依頼せずとも、パソコンでデザインし、プリンターでプリントアウトすれば完成します。手の空いているスタッフがポスティングすれば、費用も少なく抑えられるでしょう。

チラシを配布する目的は集客であるため、ターゲット層が知りたい情報を記載することがポイントです。メニューや自社の強み、料金、問い合わせ先などは必ず掲載したい項目です。電話が苦手な方もいるため、問い合わせ先はメールやファックスなど複数用意して記載しておきましょう。

Webサイトの作成

ネットやスマホが普及した現代、Webサイトがないのはビジネスにおいて致命的です。現代では多くの人が興味のあるもの、調べたいことをネットで検索します。家事代行サービス業者を探す際にも顧客を取りこぼしてしまいます。

Webサイトを作るときも、チラシと同様に自社の強みやメニュー、料金などを詳しく記載しましょう。問い合わせフォームやFAQなども設置しておくと効果的です。

無料で利用できるGoogleマイビジネスもおすすめです。Webサイトの作成やアクセス分析ができるほか、Googleでの検索で自社の情報を表示できます。集客に役立つさまざまな機能を無料で使えるため、ぜひ活用しましょう。

ほかにも、経営者やスタッフによるブログの執筆は、読み手に親近感を与えられるため、集客に役立ちます。Webサイトへブログ記事へのリンクを設置しておくとよいでしょう。また、家事代行のポータルサイトへ登録することで、より多くの人に閲覧してもらえるでしょう。

web広告での集客

Web広告とひと口にいっても、さまざまな種類があります。代表的なところでは、リスティング広告ディスプレイ広告アフィリエイト広告リターゲティング広告、バナー広告などが挙げられます。どれも集客に効果的な手法であることは間違いありませんが、活用するのにコツや慣れが必要であるため、他の集客方法よりも少しハードルが高いかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、Facebook広告やInstagram広告などのSNS広告です。SNS広告はターゲティングのしやすさが魅力であり、家事代行サービスとの相性がよい広告です。性別や年齢などの属性を絞り込んで広告を表示させられるため、的確な集客を実現できます。

どのWeb広告を利用すればよいのか悩んでしまうのなら、まずはSNS広告からチャレンジしてみましょう。そのうえで、他のWeb広告も併用していけばさらに集客力の向上が期待できます。

家事代行サービスの集客で押さえておきたいポイント

いたずらにさまざまな集客手法を駆使しても、思ったほどの効果は期待できません。大企業ならともかく、中小規模の企業なら資金も限られているため、少ない資金で最大限の効果を得る必要があります。集客を行ううえで大切なポイントを押さえながら実行に移しましょう。

地域やエリアを意識した集客

家事代行サービス業者を探すとき、多くの方は「家事代行 地域名」で検索する傾向があります。そのため、ホームページが検索上位に表示されるよう、適切なSEO対策も施さねばなりません。対象エリアを広くしすぎると、必然的に競合も増えるため、特定の地域に特化した集客が望ましいでしょう。

また、地域を意識した集客を行うのなら、チラシのポスティングも有効です。特に、ネットをあまり利用しない高齢者がターゲットなら、ポスティングはおすすめです。直接手にとってもらえるため、ダイレクトな訴求ができます。エリアをピンポイントで絞った配布も可能であるため、ぜひ取り入れたい手法です。

信頼性を高めるなら資格の取得も

数多くの家事代行サービス業者が営業しているため、どこへ依頼すればよいのかと迷ってしまう方は大勢います。サービス内容や料金が変わらないのなら、できるだけ信頼できる業者、安心して依頼できる会社へお願いしたいと考えるのは当然であるため、信頼性を高める取り組みが必要です。

家事代行サービスを始めるにあたり、必須の資格や認可はありません。ただ、資格があればその道の専門家が在籍していることをアピールでき、顧客の信頼も得やすくなります。選んでもらいやすくなるため、資格の取得も検討してみましょう。

信頼を得るのに役立つ資格としては、整理収納アドバイザーや整理収納清掃コーディネーター、栄養士、管理栄養士などが挙げられます。ほかにも、ハウスクリーニングアドバイザーやクリーニングインストラクター、調理師などの資格もあると信頼性向上に役立つでしょう。

これらの有資格者がたくさん在籍しているほど、会社の信頼は高まります。有資格者を優先的に採用する、資格取得の支援制度を充実させるなど工夫すれば、短期間で有資格者の数も増やせるでしょう。有資格者が在籍していることや、さまざまな資格をもつ専門家がいることは、公式ホームページでしっかりアピールしてください。

まとめ

競争率が高くなると予想される家事代行サービスでは、ポイントを押さえた効果的な手法で集客を行うことが重要です。
また、集客の取り組みをトータルサポートしてくれるLocalFolioなら、目的に合わせた多彩なマーケティングが可能です。併せて検討してみましょう。

株式会社ローカルフォリオ

株式会社ローカルフォリオ

地域に根差している企業の皆様から当社に寄せられる質問・相談や、インターネット広告の成果改善に関わる、さまざまな運用ノウハウを中心に、企業の成長に役立つ情報を発信中。


RECENT POST「Web集客のヒント」の最新記事


家事代行サービスを成功に導く3つの集客法とは

地域に根差している企業だからこそのインターネットマーケティングを
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

インターネット広告ご相談専用ダイヤル

電話受付時間 10:00 ~ 18:00

急ぎ、TV会議・訪問商談を希望の方は
コチラから日程調整をご相談下さい

無料集客相談
・施策提案希望

既に広告予算や施策が決まっていて、
より具体的な相談の方はコチラ

指定予算における
シミュレーション希望

事例ページに記載のない導入事例など
他の事例を確認されたい方はコチラ

導入事例の
詳細説明希望

※同業他社の方の事例請求はお断り致します。予め、ご了承ください。