Yahoo広告の運用で成果を出すためのポイント5選

 2021.04.23  株式会社ローカルフォリオ

Yahoo広告は費用対効果の高い広告媒体として、Webマーケティングで非常に重要な役割を担っています。そこで重要となるのが、運用目的の明確化や予算計画、キャンペーンやKPIといった各種設定の最適化です。本記事では、Yahoo広告の運用で成果を出すためのポイントについて詳しく解説していきます。

Yahoo広告の運用で成果を出すためのポイント5選

Yahoo広告の運用で成果を出すポイント

「Yahoo広告」は、広告掲載そのものには費用が発生せず、クリックされてはじめて広告費が発生する「検索連動型広告」です。「リスティング広告」や「PPC(Pay Per Click)広告」とも呼ばれ、Webマーケティングにおいて不可欠な広告戦略の1つと言えます。

そんなYahoo広告の主なメリットとして挙げられるのが「集客力」と「成約率」です。Yahoo広告に出稿することで、検索エンジンのトップページやWebメディアの広告欄などの目立つ場所に広告が掲載されるため、非常に高い集客力が期待できます。

また、キーワードに連動して広告が掲載されることで、購買意欲の高い見込み客を集められるのも大きなメリットです。キーワードがマッチすれば潜在顧客にアプローチできるため、成約率の向上につながります。Yahoo広告の運用効率を最適化することで、非常に費用対効果の高い戦略的アプローチが可能になるでしょう。

ここからは、Yahoo広告の運用で成果を出すために欠かせない5つのポイントについて解説します。

広告運用のゴールの明確化

Yahoo広告の運用における重要な課題の1つが「ゴールの明確化」です。なんのために、どこを目指して広告戦略を展開するのかを明確化し、マーケティングチーム全体で共有する必要があります。そして、ゴールを明確化するうえで重要となるのが、現状認識です。俯瞰的に現状を把握することで、「ゴールへと至るために、何が足りないのか」が明確化されます。

例えば、自社のWebサービスがローンチ直後であるならば、認知度は決して大きいとは言えません。したがって、より多くの見込み客にサービスを認知してもらうことが短期的なゴールとなるでしょう。このような状況であれば、Webメディアのページ内やアプリの広告枠などに表示される「ディスプレイ広告(YDN)」が適しています。ディスプレイ広告は、テキストだけでなく画像や動画などによる広告出稿が可能なため、認知度の向上に寄与します。

商品の販売数が伸び悩んでいる場合には、既存客へのアプローチよりも新規顧客の獲得が重要な課題と言えるでしょう。このようなケースでは、見込み客と商品の関連キーワードによる検索連動型広告が最適です。

ユーザーは何らかの悩みを抱え、解決策を求めて検索エンジンを利用します。そのため、検索窓に打ち込まれたキーワードとは、ユーザー悩みを言語化したものと言えます。見込み客と自社の商品を紐付けるキーワードで検索連動型広告に出稿することで、購買意欲の高いユーザーを集めることが可能です。

広告予算計画

マーケティング戦略の策定において、広告予算計画は非常に重要な課題です。Yahoo広告は基本的にキーワードによって広告単価が変動する仕組みであり、競合性の高さに比例してより多くの費用が必要になります。

広告費用をどれだけ投じられるのかによって戦略の幅が大きく異なるため、まずはゴールから逆算した予算組みが先決です。リスティング広告における予算計画の基本は「目標CPA(獲得単価)×目標CV(獲得件数)=必要予算」となります。

CVがゴールであれば、獲得したいCV数にCPAをかけることで月間の広告予算を割り出すことが可能です。例えば、目標CPA5,000円、目標CV数100件と設定した場合、必要となる月間予算は50万円になります。

Yahoo広告では、ツールによってクリック単価や獲得単価のシミュレーションが可能です。予算に対する想定効果やトラフィック増加につながる検索キーワード、または1クリックあたりのコストなどを参照できます。

キャンペーン・広告グループ設定

キャンペーンと広告グループの設定は、Yahoo広告の運用を最適化するうえで重要な要素です。キャンペーンは広告グループを管理する枠組みであり、予算やターゲティング、スケジュールや対象外キーワードなどを設定します。広告グループはキャンペーンの管理下にある枠組みで、キーワードと広告の管理が主な役割です。「キャンペーンと広告グループの設定が、Yahoo広告の運用効率を最大化する要である」と言っても、過言ではありません。

例えば、キャンペーンの設定によって予算を商品ジャンルごとに変えたり、曜日や時間帯、あるいは地域ごとに分けて広告を出したりといった運用が可能です。また、予算をかけるべきキーワード群と、予算をかけなくても集客できるキーワード群を分けることで、運用コストの最適化につながります。キャンペーンと広告グループを柔軟に設定することで、自社の事業形態や予算に応じた最適な広告運用につながるでしょう。

広告の出稿

広告を出稿する前に確認すべき事項がいくつかあります。例えば、入稿前の広告やLPの事前確認です。Yahoo広告は明確な広告掲載基準が定められており、ガイドラインやポリシーに違反している場合は広告出稿の停止、あるいはアカウント停止になる可能性があります。そのため、出稿前に広告やLPが広告掲載基準にのっとっているかを確認しましょう。

広告は必ず審査が入るため、余裕をもったスケジュール設定が求められます。仮に審査に落ちてしまった場合、商品のローンチに間に合わないという事態を招きかねません。また、広告の掲載開始日は週の前半を設定することで、初動の分析に時間を割くことが可能です。週の後半に入稿すると、休日をはさむ形になるため対応が後手になります。

KPIを意識した効果測定

広告運用は配信して終わりではありません。むしろ広告出稿後の成果確認や継続的なメンテナンスこそが広告運用の本質です。その際、「運用前に設定したKPIに到達しているのか」「乖離しているのなら原因はどこにあるのか」などについて、データに基づく定量的な分析が求められます。

例えば、設定したCVが取れていなければ、成約率向上のためにほかのKPIまで細分化して分析し、継続的な改善をすることが必要です。あらかじめ定めたCPAを超えている場合でも、広告運用をより効率化するためには、クリック単価を下げたり、成約率を向上させたりする調整が必須となります。「計画(Plan)」→「実行(Do)」→「評価(Check)」→「改善(Action)」という、PDCAサイクルを回し続ける継続的な改善が不可欠と言えるでしょう。

まとめ

Yahoo広告は適切に運用することで、購買意欲の高い見込み客を集められる、非常に費用対効果の高いリスティング広告です。自社での運用体制に不安があるのならLocalFolio(ローカルフォリオ)の広告運用サービスを検討してみてください。ローカルフォリオについての詳しい情報は下記URLを、ぜひご覧ください。
https://www.localfolio.co.jp/

株式会社ローカルフォリオ

株式会社ローカルフォリオ

地域に根差している企業の皆様から当社に寄せられる質問・相談や、インターネット広告の成果改善に関わる、さまざまな運用ノウハウを中心に、企業の成長に役立つ情報を発信中。


RECENT POST「インターネット広告」の最新記事


Yahoo広告の運用で成果を出すためのポイント5選

地域に根差している企業だからこそのインターネットマーケティングを
お悩みの方はお気軽にご相談下さい。

インターネット広告ご相談専用ダイヤル

電話受付時間 10:00 ~ 18:00

急ぎ、TV会議・訪問商談を希望の方は
コチラから日程調整をご相談下さい

無料集客相談
・施策提案希望

既に広告予算や施策が決まっていて、
より具体的な相談の方はコチラ

指定予算における
シミュレーション希望

事例ページに記載のない導入事例など
他の事例を確認されたい方はコチラ

導入事例の
詳細説明希望

※同業他社の方の事例請求はお断り致します。予め、ご了承ください。